滝田侑果

施工管理滝田侑果

トライ&エラーの繰り返し。毎日の仕事が挑戦の日々。

ヨコソーに入社した理由

私の就活は、たくさんの業界や企業を知るというより、自分を知って自分に一番合う会社に入ろう!というスタイルでした。 『リーダーとして仕事を任されたい』『自分の業務が成果や評価として明確な方がいい』『デスクに座っているよりも、体を動かしたい』『出産後も仕事を続けたい』
そんな中、入社前に何度も社員の方々と会う機会を頂き、自分のキャラクターに一番合う企業はヨコソーだと確信し、入社を決めました。

現在の業務内容

現場代理人として施工管理業務を行うことです。施工管理とは『発注いただいた工事を社長の代わりとなり工事全体をマネジメントする仕事』で、施工管理の業務範囲は広く、安全管理・工程管理・品質管理・原価管理という工事に関わる管理全般を業務としています。さらに、私たちの仕事は、新築工事と異なり居住者の方が住んでいる状態でそのまま工事を行うという特徴がありますので、お客様からすると工事の責任者であり工事中の相談窓口でもあります。工程ごとに異なる協力会社との打合せをしながら、お客様へ工事に関する広報や管理組合様との打合せなど、関わる人や業務内容はとても幅広く、日々様々なことに目を向けながら業務を行っています。

滝田侑果

女性現場代理人とは

業界の中で女性現場代理人はまだまだ少なく、女性現場代理人だから…、若いから…、といった理由で差別されることはありませんが、不安を抱かれていたり、気を遣っていただいているのかな、と感じる場面があることは事実です。もちろん「若い女性なのにすごいね」と声をかけてくれる人もいます。ただ私自身は、最初のイメージは良くも悪くもあまり気にしていません。むしろ、女性だからこそ皆さんが顔や名前をすぐ覚えてくださり、結果的に私の仕事ぶりで評価してもらえるチャンスが多いように感じます。プレッシャーはもちろんありますが、本人の頑張り、仕事ぶり次第なのではないかと考えていますので、私自身は「女性で現場代理人を任されてやっていて良かった!」と心から思っています。
同じ女性として、現場代理人を目指している方にアドバイスをさせていただくとすれば、やはり、協力会社の職人さんや周囲の方々と意見が対立したとき、ハッキリと意見を言うための『ガッツ(強い想い)』や『相手に分かりやすく伝えるコミュニケーションスキル』が必要かもしれません。ほとんどが男性で、年齢も親よりも上の職人さんや、自分よりも若い様々な方がいます。どんな相手でも自分の意見を言える人、しっかりと向き合える人は向いているかもしれませんね。

滝田侑果

今、挑戦していること

私たちの仕事は『建物を直すこと』。世の中にマンションや集合住宅が存在する限り、ビジネスストックがあり、無くならない、ずっと続けられる仕事だと言えます。
それは、自分の『直した建物』がずっと残っていくということでもあります。約半年間の工事を終えた後にもし不具合が起きてしまった場合、一番困るのはマンションなどに住んでいるお客様自身です。景観や美しさだけではなく、建物の資産価値を向上させなければなりません。
そして、実際の工事を担うのは職人さんです。それをチェックするのが現場代理人の仕事です。見た目では綺麗に見えても、下地の補修が不十分であったり、根本的な不具合の原因を未解決のままにしないように、一つ一つの工程(作業)毎に厳しく細かくチェックするようにしています。今は、長い目で見たときにも高い品質だと言われる仕事が出来るよう、Try & Errorを繰り返しています。私にとっては毎日の仕事が挑戦です。

学生の皆さんへ

私の担当している現場には、就活中の学生さんが訪れ、様々な学生とお話しをさせていただいています。その度に、男性ばかりの建設業界に興味を持つ女性が増えて嬉しい反面、敢えて厳しいことを伝えるようにしています。「現場は土曜も動いていることが多いよ」とか、「夏は汗でメイク落ちちゃうよ」など。(笑)
私が入社前に多くの社員と会って、ヨコソーとのマッチングを感じた様に、ポジティブな面だけではなく、ありのままの会社の姿を見ていただき、信頼できる会社だと感じて欲しいとい思っています。

もどる
ヨコソー公式アカウント
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!
  • 0800-888-6191
  • 平日(土日祝を除く)9:00-17:00
お問い合わせはこちら